SEO 検索エンジン最適化の手法 >>> SEO 検索エンジンの種類

SEO 検索エンジンの種類1 SEO 検索エンジンの種類

インターネットで特定の情報を探したい時、あなたはどうやって探しますか?
Yahoo! Japan・Google・Infoseek・goo・Lycos・Excite・Fresheye・・・・愛用の検索エンジンを利用して特定の情報に関するウェブサイトやウェブページを検索するのが一般的ではないでしょうか。

インターネットには上に名前を羅列したように多数の検索エンジンが存在しています。
しかし実質的には検索エンジンはその情報データベースの構築方法については、下記の2種類に分けることができます。

それは、ロボット型とディレクトリ型の2種類です。

SEO 検索エンジンの種類2 ロボット型検索エンジン

ロボット型検索エンジンは、ソフトウェアを利用して自動的に情報データベースを構築しています。
ロボット型検索エンジンは、その名の通り一般的に「ロボットまたはスパイダー」と言われるソフトウェアをインターネットに送り、ロボットがインターネット上のウェブサイトやウェブページの情報を収集し、検索エンジンのデータベースに登録(インデックス)していきます。

そして、ユーザーがキーワード検索を行った際に、情報データベースから入力されたキーワードに最もふさわしい内容を検索エンジンが判断した情報から順番に表示していきます。
ただ、表示される内容はロボットが、それぞれの検索エンジンの独自アルゴリズムでウェブサイトやウェブページの内容から抽出した情報になります。

主なロボットエンジン (goo, Google, infoseek, yahooなど)

ロボット型検索エンジンの利点

常に複数のロボットがインターネットを徘徊し、自動的に情報を取得しているため、大量のウェブサイト、ウェブページの情報がデータベースに登録されていきます。

定期的にロボットがインターネットを巡回することで、比較的新しいウェブサイト、ウェブページが登録されていきます。

ウェブサイト単位だけでなく、ウェブページ単位で登録するため、特定のキーワード検索にマッチしたウェブページが確実に表示されます。

ロボット型検索エンジンのマイナス点

大量の情報登録の中から、検索時に多数の情報が表示されるため、目的の情報に辿り着けない場合があります。

ロボットが自動的に情報登録、文章なども決定するため、検索時に表示されても、その内容が実際にアクセスするまで不明な場合があります。

自動的に情報が登録されるので、不当なウェブサイトやウェブページが登録され、キーワード検索時にユーザーの目的に関係ない情報が表示される場合もあります。

SEO 検索エンジンの種類3 ディレクトリ型検索エンジン

Yahoo!Japanに代表される検索エンジンがディレクトリー型検索エンジンです。
ディレクトリー型検索エンジンでは実際に人間の編集者がウェブサイトやウェブページ、その説明文を記述して詳細なカテゴリー別に検索エンジンデータベースに登録します。
ユーザーが検索フォームからキーワード検索を行うと、検索エンジンのデータベースから最適と思われるウェブサイト、ウェブページ(もちろん全て編集者によって登録されたものばかりです)を表示します。
またキーワード検索とは別に人的に編集されたディレクトリー別にウェブサイトを探すこともできます。

主なディレクトリエンジン(yahoo, dmoz)

ディレクトリー型検索エンジンの利点

ウェブサイトを編集者が最適と判断したカテゴリーに登録するため、興味がある分野に関するウェブサイトがカテゴリーを通して多数、簡単に見つけることができます。

登録ウェブサイトが人的に制限、管理されているため、無駄な情報が少なく、有益な情報が整理した形で掲載されており、使いやすくなります。

ディレクトリー型検索エンジンのマイナス点

編集者が登録するウェブサイトを決定、説明文を記述するため、編者者の主観によって掲載情報が左右されてしまいます。

インターネット上のウェブサイト、ウェブページ数が莫大に増加している現在、人的にウェブサイト情報を登録していくには限界があり、絶対的な情報量が少ないのが現状です。

ウェブページ単位よりはウェブサイト単位で登録されるため、実際に登録ウェブサイトに目的の情報が存在するにも関わらずキーワード検索で表示されない場合があります。

Yahoo! Japan以外にも、InfoseekやLycos、Exciteなど他の主要検索エンジンも他の検索エンジン技術と併用しつつ、検索エンジンディレクトリーを独自に構築しています。

通常、ディレクトリー型検索エンジンに登録を希望するウェブサイトの管理者が検索エンジンに登録を依頼し、検索エンジンの編集者がウェブサイトの登録の許諾、及び登録する場合は説明文を編集して記述すると言うプロセスで検索エンジンのデータベースを構築していきます。

Yahoo! Japanなどの人気サイトになれば必要以上に登録リクエストが殺到しており、「登録されたいのに登録してもらえず」頭を悩ませているウェブサイトも多く存在しています。

なお、Yahoo! Japanは、商用サイトの登録を有料で優先的に行っています。

SEO 検索エンジンの種類4 検索エンジン最適化

Yahoo! Japanは、ディレクトリー型検索エンジン以外に、「ページ検索」と言う仕組みを導入し、ページ検索の際はロボット型検索エンジンを利用すると言う方式を行っています。
ロボット型検索を行うことで、ディレクトリー型検索エンジンで対応仕切れない検索リクエストやウェブページをユーザーに紹介することができるわけです。

また、GoogleはGoogleで独自に、新しい検索技術を投入し、検索エンジン業界はインターネット業界の中でもさらに高速な変化を続けています。

技術の進歩の結果、過去に有効だった最適化手法の効果が無くなると言ったことも日常茶飯事です。
検索エンジンの動向をリアルタイムでウォッチングし、常に最新の最適化を行っていく必要があります。

※ MicrosoftがYahooを買収するという動きがあり、今後ますます目が離せません。

スポンサードリンク
※検索エンジンのアルゴリズムは何時変更されるかわかりません。そのため、ここに記した情報は絶対ではありません。