SEO 検索エンジン最適化の手法 >>> SEO IPアドレスの分散化

SEO 検索エンジン最適化の基本1 SEO IPアドレスの分散化とは・・・

SEO対策上、被リンクを集めることは重要なことです。
でも、そのリンク元のIPアドレスをチェックしていますか?
実は、Googleの特許にリンク元のIPアドレスを分析し、そのリンクがナチュラルなリンクなのか作為的(不自然)なリンクなのかを判断するアルゴリズムがあります。

つまり、ナチュラルなリンクならIPアドレスも自然に分散されているはずだという考えのアルゴリズムが存在するわけです。

そして、クラスC以下で重複するIPアドレスを持つリンク元のリンク価値(リンクスコア)は著しく削除されてしまいます。

あなたのIP情報です
あなたのOS~ブラウザ~国~IP情報です。

SEO 検索エンジン最適化の基本2 被リンクのIPアドレス分散がDクラスだったら・・・

2つの被リンク元のIPアドレスが

123.456.78.99 と
123.456.78.90 だとします。

先頭 123⇒Aクラス
次の 456⇒Bクラス
次の 78 ⇒Cクラス
終りの99 ⇒Dクラス

上記の例では、Cクラスまでが同じ(重複)なので、分散としてはDクラスになります。

なので、CクラスのIPアドレス(123.456.78)の中で、1つだけが被リンクとして扱われる(他は削除)ということです。
サテライトサイトを作る時は、注意する必要があります。

※実は、IPアドレスのクラスというものは、上記のような単純なものではありませんが、被リンク分散の重要性を理解してください。

Googleが取得した特許

被リンク対策に、見逃してほしくない無料レポートを紹介します。
↓↓↓
Googleが取得した特許についての解説書

この解説書には、グーグルが取得した特許(パテント)を元に被リンクのIPアドレス分散効果について詳細に説明されています。

具体的には、
・リンク元同士のIPとリンクスコアの関係とは?
・自サイトとリンク元のIPとリンクスコアの関係とは?
・リンクが無価値になるリンク構造とは?
・リンクスコアを最大化させるリンク・アロケーションとは?
・クラスDレベルのIP分散では駄目な根拠とは?

といった、SEO対策に重要な内容が書かれていますので、絶対に見逃さないでください。
もしも、閉鎖されていたら、ごめんなさい。m(__)m

無料レポート
↓↓↓
Googleが取得した特許についての解説書

他の無料レポート
↓↓↓
Yahoo!・Googleに効果大!古いドメインなら30分でSEO対策!

SEO 検索エンジン最適化の基本4 サテライトリンクの作成

被リンクを増やすことは、SEO対策にとって重要な要素であることを、よくご存知のことと思います。

そこで、相互リンクサイトに登録したり、被リンク売りで入手されたりすることがあると思いますが、問題は、被リンク元は、自サイトと同じジャンルであることが大事です。
そして、相互リンクや売り被リンクのジャンルは、自サイトと同じかどうか、またIPアドレスについても、不明です。

確実な方法は、大企業が行っているように、サテライトサイトの量産でしょう。
自分で作ったサテライトだったら、自分で管理できるので、これが賢明です。

そこで、先述のIPアドレスを分散化することを念頭に、新たなドメインを大量に取得し、大量のサーバを立ち上げ、自サイトへのアンカーテキストマッチを行っていけば、優良な被リンクが増産できます。

ただ、この方法は、お金と手間がかかってしまいます。
個人サイトなら、無料ブログを利用するのが精一杯ですね。
でも、変な被リンクを得るよりは、安心です。

SEO 検索エンジン最適化の基本5 こんなSEO対策がありました!

とんでもないSEOソフトウェアを発見しました。
というのは、Yahooカテゴリーにドメイン期限切れが多数あるそうです。
それも、Googleのページランク4とか5が、ぞろぞろ。
こんなドメインを取得すれば・・・お解りですよね。
ただ、このサイト、もうすぐ閉鎖されるかも...そうですよね!

Yahooカテゴリー登録済みの期限切れドメイン抽出ツール

SEO 検索エンジン最適化の基本6 ドメインエイジ?

ドメインエイジとは、ドメインの年齢のことです。ドメインエイジが古いとSEOに効果があると言われています。

SEO 検索エンジン最適化の基本7 期限切れ・中古ドメイン?

過去に誰かが使用していたが、更新されなかったために、現在は有効期限が切れているドメインのことです。
期限切れドメインの無料配信サービスを利用しませんか?
更新期限が切れた古いドメインを探すのは簡単ではありません。
上記の配信サービスに無料登録しておけば、期限切れドメインを探す手間が省けます。

古いドメインの中には取得してもGoogleに全くインデックスされない(検索結果に登録されない)ことがあります。
Googleにまだ登録されていないドメイン、特にYahoo検索のみに登録されているドメインの取得にはリスクが伴います。注意してください。
また、ブラックリストに登録されているドメインでは、面倒な作業(リストからの削除申請)が必要になります。
ブラックリスト・ドメインの検索


他にも、そのドメインの過去履歴が見れるサイトがあります。
過去履歴ドメインの検索

http://が記入されている検索窓に、知りたいドメイン名を、記入します。
http://domain.com というようにです。
そして、【Take Me Back】というボタンをクリックします。
1996年1月1日~最近までの、サイトの履歴が閲覧できます。
日付のリンクをクリックしていけば、当時のホームページを見ることができます。

スポンサードリンク
※検索エンジンのアルゴリズムは何時変更されるかわかりません。そのため、ここに記した情報は絶対ではありません。