Flash フリーサンプル素材 >> Flash 外部ファイルの作り方一覧 >> ActionScriptを外部ファイルから読み込む方法
スポンサードリンク

ActionScriptを外部ファイルから読み込む方法

 asファイルとは・・・

Flashのの制作をすすめていく上で凝った表現をしようとすると、ActionScriptの記述は、避けて通れません。
ActionScriptの記述は、flaファイルに直接書き込むのが普通です。
しかし、コンパイル(パブリッシュ)したswfファイルの動きを微調整したい場合に、flaファイルを開き、修正するのが面倒という場合があります。また、大きなFlashの制作では、複数のデザイナーによる連携もありますが、その際に、ActionScriptの記述を別にしたい場合もあります。
そういうことが予測される場合には、ActionScriptを外部ファイルに記述し、そのファイルを読み込むようにすることができます。
その外部ファイルがasファイル(拡張子 as )というものです。

※ [注意] asファイルは、コンパイル(パブリッシュ)されて読み込まれます。すなわち、asファイルを更新しただけではswfファイルに何も反映されません。asファイルの更新後、コンパイル(パブリッシュ)してswfファイルを書き出してください。

FlashのActionScriptを外部ファイル(asファイル)に記述することで、ActionScriptの編集が楽にでき、また、複数人で分割作業をするのに便利です。
FlashをSWFObjectで読み込んでいます。
JavaScriptを有効にされるとFlashが表示されます。

 上のFlashは外部asファイルを読み込んでいます。

 asファイルの概略

1)FlashのアクションパネルにActionScriptを読み込むinclude文を記述します。
  アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名"××.as"を記述します。
  ※ファイル名には、絶対パス、相対パスを含むことができます。

  記述例
  #include "ssp,as" //同じディレクトリにある"ssp,as"を読み込む
  #include "../ssp,as" //親ディレクトリにある"ssp,as"を読み込む
  #include "as/ssp,as" //サブディレクトリasにある"ssp,as"を読み込む

2)asファイルにActionScriptを記述します。
  テキストエディター(メモ帳など)で新規テキストを作成し、ActionScriptを記述・保存後、ファイル名の拡張子をasに変更する。
  では、上部のフラッシュ(タイピング・テキスト)を例にした作り方を説明します。

 作成手順1・・・Flashにテキスト枠を作成する

1)テキストを表示するレイヤーを指定し、フレーム1にテキスト枠を作成します。
2)テキストツールで任意の場所にテキスト枠を作成します(テキスト枠内に表示される)
3)そのテキスト枠のプロパティに以下設定します。
   ・ダイナミックテキストにする。(インスタンス名は変更なし)
   ・書体・フォント・カラーは任意。(背景のカラーに注意)
   ・行タイプを決定。(複数行の場合はテキスト枠の大きさに注意)
   ・変数を記入。(適当で良いが、外部読み込みtextとの整合)例:text
   ・フォーマットはテキスト枠内での余白位置などを指定できる(デフォルテでOK)
4)フレーム2、フレーム3、フレーム4にテキスト枠を作成したフレーム1をコピーし貼り付けます。
5)フレーム2をクリックし、プロパティのフレーム欄にLoopと記述。
6)フレーム4をクリックし、プロパティのフレーム欄にEndと記述。

 作成手順2・・・ActionScriptの記述

1)ActionScriptを記述するレイヤーを挿入します。
2)そのレイヤーのフレーム1にActionScriptを記述します。
  アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。
  asファイル名は必ず " " で囲ってください。

  記述例
  #include "as/type1_sample.as"

3)フレーム2にActionScriptを記述します。
  アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。

  記述例
  #include "as/type2_sample.as"

4)フレーム3にActionScriptを記述します。
  アクションパネルに#includeと記述し、次に読み込むasファイル名を記述します。

  記述例
  #include "as/type3_sample.as"

5)フレーム2とフレーム3の間隔を4フレームほど空ける。(レイヤー1,2とも)
  空フレーム数で表示スピードが変わります。
6)フレーム3とフレーム4の間隔を10フレームほど空ける。(レイヤー1,2とも)
7)フレーム4(End)の後ろに空フレームを30フレームほど作る。
  空フレーム数で表示静止タイムが変わります。

 作成手順3・・・asファイルの作成

テキストエディター(メモ帳など)で新規作成します。

1)type1_sample.asの作成
  str="";   //""中に表示したいテキスト文字を入力します。
  index=1;
  text="";   //textは変数名です。作成手順1の変数名と同じにします(" "の中には何も記述しない)。

  上記3行を記述し保存します。ファイル名を type1_sample.as に変更します。

2)type2_sample.asの作成
  text=str.slice・・・・;  //textは変数名です。作成手順1の変数名と同じにします。
  index+=1
  text=str.slice(0,index)+ "_";  //" "の中の_は、文字表示前のカーソルマークです(変更可)

  上記3行を記述し保存します。ファイル名を type2_sample.as に変更します。

3)type3_sample.asの作成
  if(index==str.length-1){
  index+=1;
  text=str.slice(0,index);
  gotoAndPlay("End");
  }
  else{
  gotoAndPlay("Loop");

  上記8行を記述し保存します。ファイル名を type3_sample.as に変更します。


4)上記3つのasファイルをasフォルダの中に置き、パブリッシュするとテキストがタイピングのように表示されます。


※ このActionScriptを外部(as)ファイルに記述する方法は、フリー(無料)ダウンロードできます。
  [ Password : ssplanning ]
※ ダウンロードされると、上記のタイピングするflaファイルとasファイルをご覧できます。

Bookmark All-in-Service
20のソーシャルブックマークに対応しています。