SEO検索エンジン最適化の手法1 SEO 検索エンジン最適化

SEOとは、Search Engine Optimization ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術のことです。検索エンジン最適化ともサーチエンジン最適化とも言われ、英語の頭文字を取ってSEO(エス・イー・オー または セオ)とも呼ばれています。

最適化の対象になる検索エンジンは、代表的にはYahoo・Google・MSNが上げられますが、その中でも日本ではYahoo!サーチの利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策が重視されています。しかし、アメリカでは、Googleのシェアが高いことからGoogleが重視されています。

下図は、コムスコア・ジャパン社の調査による日本国内での検索エンジン利用数です。

SEO検索エンジン最適化の手法 コムスコア・ジャパン社の調査

よく云われることに「 Yahoo! はビギナーもしくはアベレージ、Googleはよりコアでマニアックなユーザーが利用する」と云われています。

そのため、最適化のターゲットもYahoo!向けなのかGoogle向けなのか、分けて最適化する必要がありました。しかし、上記のデータより、Googleのシェアが伸びてきており(Yahoo!のシェアダウンかも)Google向けの最適化を主にしていくことが懸命かもしれません。

また、全体の検索数の増加は、インターネットを使った情報検索がますます増えているということであり、Webマーケティングに於いて、最適化の必要性が重要になってきています。

では、最適化を不適切に行っているとどうなるのか。検索エンジンのランキングが上がらず、結果として利用者の目に触れない状況が続きます。また、スパム的な最適化手法をとっていると検索エンジンから意図的にランキングを下げられ、最悪は検索から削除されるということにもなります。

ところで、検索エンジン最適化のことを「SEO対策」と言われることがありますが、これは厳密には誤りです。というのも最適化と対策は、ほぼ同義語なので、強いて対策という言葉を使うなら「検索エンジン対策」と言うのが正しい使い方です。また、検索エンジンのディレクトリに登録することを「SEO」というのも間違いです。

SEO検索エンジン最適化の手法2 SEO 検索エンジン最適化のはじまり

そもそも SEO 検索エンジン最適化という技術は、1990年代半ば、ウェブマーケティングの進化と共にアメリカで始まりました。インターネットの普及とともにウェブサイトでの売上に繋げるためには、他社に先駆けて、購買意欲の高いユーザー層を早く獲得しなければなりません。そこで、ユーザーの求めるキーワードが、検索エンジンの上位に表示されることが重要な要素となります。

即ち、SEOの最大の目的は”売上に繋がるトラフィックを誘導”することにあります。

かつては、意図的に2ヶ所タイトルタグを挿入したり、メタタグを重複させる等して、ランキング上位を獲得することが可能でした。しかし、現在ではアルゴリズムの進化と共に、スパム対策も進化しているので、検索エンジンへのスパムは、ほとんど通用しなくなっています。(逆効果です)

現在、検索エンジンマーケティングの市場は大きくなってきており、その中でSEO(検索エンジン最適化)の占める割合はとても高くなっています。SEO(検索エンジン最適化)はプロモーションの手段ではなく、ウェブサイトを作る上でのスタンダードとなってきています。

ビジネスにせよ個人にせよ、自分が作成したWEBサイトは、より多くの人に知ってもらいたく制作されているはずです。そして、広告費用を一切使うことなく沢山の人に知ってもらえる一番の近道が、SEO(検索エンジン最適化)を行うことでのサーチエンジンランキングです。

ただ、検索エンジンは、WEBページを最適化しても、必ずすぐに結果が出るというわけではありません。検索エンジンの種類によっては数ヶ月かかることもあります。

SEO検索エンジン最適化の手法3 SEO(検索エンジン最適化)の手法

SEO(検索エンジン最適化)には、様々な手法が使われますが、適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法です。

では、その基本的手法について >>> SEO(検索エンジン最適化)の基本

スポンサードリンク
※検索エンジンのアルゴリズムは何時変更されるかわかりません。そのため、ここに記した情報は絶対ではありません。