Flash フリーサンプル素材 >> Flash制作に便利な情報一覧 >> eBoostrでアプリソフトの高速起動・・・設定
スポンサードリンク

eBoostrでFlashの高速起動・・・アプリケーションの設定

 アプリケーションの設定

eBoostrでアプリソフトの高速起動 設定の続きです。高速化させたいアプリケーションを設定します。

 eBoostr3 にアプリケーションを設定する

前回のキャッシュ構築の続きです。

eBoostr優先アプリケーションの選択

ツールバーの「オプション(O)」優先アプリケーション(A)を選択します。


eBoostr優先アプリケーションの選択画面

右側に現在、PCにインストールしているアプリケーションソフト一覧がでます。


eBoostr優先アプリケーションの選択結果

右側のアプリケーション名を選択して、左側の高速化するアプリケーション窓枠にドラッグします。
右側に検索されなかったアプリケーションがある場合、そのソフトの実行ファイル(ショートカット作成)を左窓枠にドラッグします。
選択が終わったら、「保存」します。
※ 私は、頻繁に使うアプリケーションに限定しました(キャッシュを増やしたくない)。


eBoostr除外リストの選択

キャッシュさせたくないフォルダやファイルを指定できます。
ツールバーの「オプション(O)」除外リスト(E)を選択します。


eBoostr除外リスト画面

個々のフォルダやファイル名を指定します。
フォルダの場合は、「フォルダ追加(A)」をクリック。
ファイルの場合は、「ファイル追加(M)」をクリック。
※ ワイルドカード(*.拡張子)で一括指定できます。


eBoostr除外リストの指定

ファイル追加(M)をクリックし、除外窓枠にファイル名を入力します。
入力が終われば「OK」をクリックします。
※ *.mp3 や *.txt と入力すると一括除外できます。
除外リスト例

除外リスト例

ファイル

*.zip *.rar *.mp3 *.flv *.swf *.avi *.mpg *.htm *.html *.mpeg *.wmv *.wma *.asf *.avc *.mof *.chm *.ogg *.doc *.ppl *.tmp *.url *.iso *.xls *.lzh *install*.exe *setup*.exe *.msi *.bak *.log *.tak *.ape *.flac *.tta *.QUA *.MSSTYLES *.cif *.old

フォルダ
C:\WINDOWS\Installer
C:\WINDOWS\Temp
C:\WINDOWS\$NtServicePackUninstall$
C:\WINDOWS\$NtUninstall*
C:\Documents and Settings\LocalService\Local Settings\Temporary Internet Files
C:\Documents and Settings\NetworkService\Local Settings\Temporary Internet Files
C:\Documents and Settings\LocalService\Local Settings\Temp
C:\Documents and Settings\NetworkService\\Local Settings\Temp
C:\Documents and Settings\All Users\DRM
C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents
C:\Documents and Settings\ユーザー名\デスクトップ
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Desktop
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Cookies
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temp
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Temporary Internet Files


eBoostrスピード測定の選択

キャッシュに指定したドライブのアクセス速度を測定できます。
ツールバーの「ヘルプ(H)」スピード測定(S)を選択します。


eBoostrスピード測定

測定が始まります。


eBoostrスピード測定の結果

テストに使用したUSBメモリー JetFlash T3 の測定結果です。
※ この遅いUSBメモリーでも速度比が約2倍になっています。

 実際、eBoostr3を使ってみて、本当に高速化を体感できるほど速くなりました。
 特に、ウィルスソフト(McAfee)やAdobe製品が軽く、起動が速くなりました。

 eBoostrを入手

試用版を使う場合
eBoostrのホームページからeBoostr3 Trial Versionをダウンロードします。
※ 機能制限は、使用時間(4時間)だけです。
※ PCを再起動すると、また使えます。

日本法人より購入の場合 ⇒ eBoostr3eBoostr 3 Professional 日本語版

もしくは、Vectorで検索( eBoostr と入力 )

Bookmark All-in-Service
20のソーシャルブックマークに対応しています。