Flash フリーサンプル素材 >> Flash制作に便利な情報一覧 >> eBoostrでアプリソフトの高速起動・・・キャッシュ設定
スポンサードリンク

eBoostrでFlashの高速起動・・・キャッシュ設定

 再起動後の設定

eBoostrでアプリソフトの高速起動 インストールを終え、再起動してからの設定の仕方です。

 eBoostr3 Trial Version を設定する


eBoostr初期画面

再起動すると、eBoostrを購入(USA)するかどうかが表示されます。
USAより購入する場合は、購入をクリック。
試用版を使う場合は、右下の「続ける」をクリックします。
※ なお、この画面を毎回表示させたくない場合には、
左下の「このダイアログを今後表示しない(N)」にチェックし、右側の「続ける」をクリックします。


eBoostrコントロール画面

キャッシュドライブの設定画面が出ます。


eBoostrデバイスの追加

ツールバーの「編集」デバイスの追加(A)、または、右下の「追加」をクリックします。


eBoostrデバイスの選択

eBoostrのキャッシュドライブに使えるデバイスが表示されます。
デバイスの選択(プルダウンメニュー)でキャッシュさせるデバイスを選択します。
※ 私のPCでは、システムメモリにRAMドライブを設定しているため使用領域が減っています。
※ システムメモリの余裕分に設定すると、めちゃくちゃ爆速します。
※ なお、デバイスの追加で4種類追加できます。
※ 間違ってもHDDに設定しないこと(爆遅になる)。


eBoostrにUSBメモリを選択

USBメモリードライブを選択します。
キャッシュに使用するサイズを決め、OKします。
※ 2GのUSBメモリーサイズすべてを選択しました。


eBoostrにキャッシュ割り当て

キャッシュの割り当てが始まります


eBoostrキャッシュの構築

キャッシュの割り当てが終わり、構築するかどうか聞いてきますので、「はい(Y)」をクリックします。


eBoostrキャッシュの構築中

キャッシュの構築が始まります。


eBoostrキャッシュ構築の完了

キャッシュの構築が終わりました。
他にキャッシュドライブに使うものがあれば、「追加」します。
※ 他のUSBメモリーも追加できますが、ストライピングできるかどうかは、不明です。

 eBoostrを入手

試用版を使う場合
eBoostrのホームページからeBoostr3 Trial Versionをダウンロードします。
※ 機能制限は、使用時間(4時間)だけです。
※ PCを再起動すると、また使えます。

日本法人より購入の場合 ⇒ eBoostr3eBoostr 3 Professional 日本語版

もしくは、Vectorで検索( eBoostr と入力 )

Bookmark All-in-Service
20のソーシャルブックマークに対応しています。